些細なこと。

些細なことが今ある安定や幸せを蝕んでいくことがある。

私の中の小さな糸のほつれ。

目を瞑って見過ごしてきた物に、再び出会うと、どうしてだか急に腹が立ってくる。

人間の弱さや甘え。優劣の駆け引きと順位。

単純ではない物事とのやり取り。

うまくいく様に工作している様に見えてしまう。

それはやはり、私という人間の弱さあるいは欠陥なのだろうか?

持ち合わせていないものにばかり気を取られてしまう。

些細なことが言えずに離れて行く距離を止められずにいる。

私の足元はいつしか沈んで、身動きが取れなくなっていた。

些細なことと、軽んじていたことが、私を侵食していく。

守ってきた心の神聖な領域。

その場所さえも危ぶむ時が来ようとは。

しかし、思い出してみるとそれらは全て、私自身が作り出したものに過ぎない。

誰かの影や、何かの思惑を具に感じ取っている様でいて、それらは私の中にしか存在しないものだったのかもしれない。

結局は誰からの反応も得てはいなかった。

人知れず幕を閉じよう。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です