繋がり、そして心の支え。

日々更新される新型コロナウイルスの感染者数。

その様な中で始まったgo to キャンペーン。

今の感染状況でなければもう少し感じ方も変わったのかもしれないが、何故今?と思っている人は私だけではないんじゃないだろうか?

しかし、感染状況や理屈を抜きにして行きたい場所はどこかと聞かれたら、間違いなく私はライブハウスに大好きなバンドを見に行きたい。

大好きなその音楽と歌声、いつも勇気をくれる、笑わせてくれる、また明日からがんばろうと思わせてくれるMC。

多くのファンが知っていることと思うが、ライブハウスに行って家に帰るまでが私たちそれぞれの物語、そして、その物語はそのバンドの楽曲と共にあるのだ。

つくづく、この状況下でライブ配信という方法で演奏や歌を私たちに届けてくれているアーティストや音楽業界のスタッフには感謝しかない。

様々な方法で音楽業界を支えてくださっている、傷を負ってもなお、誇り高く強い戦士の様な人たち。

私は微力だけれど、何もできないという言い訳はしたくない。ささやかな支援ではあるが、今できることをして行きたいと思っている。

だがしかし、そうせざるおえない彼らが一番、またライブハウスに帰りたい、またあの場所で音を鳴らしたいと、そう思っている、そして私たちファンだってそうだ。

今度、大好きなバンドが参加する配信音楽フェスがある。

配信は何度か体験したことがあるが、まだ有料チケットでの配信は未経験である。これを機にチケットを購入してみよう。

少しドキドキする、どんなふうに画面の向こう側で楽曲をプレイするのか。それも複数曲。いつものあのライブハウスとは似ても似つかない状況下。

そんな中で、変わらない彼らがいるのだろうか。未体験の配信フェスに自分自身はどう反応するんだろう。

そんな、期待と不安の様なものが入り乱れている。

しかし、確信を持って言えるのは私は彼らの音楽を心の底から欲しているということだ。ライブハウスでの繋がりに飢えている。

大好きなアーティストは新しいアルバムを今まさに制作している、心の支えであり、私たちのヒーロー。

その名をMONOEYESという。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

どうか安らかに。